バイアグラの名前は男性ならばよく耳にすることがあるかもしれません。風邪薬などと違って、普段服用することのないものですから効果や副作用を詳しく知らない方が多いのではないでしょうか?こちらではバイアグラの解説をしたいと思います。

バイアグラの画像

妻との夜生活を改善にはバイアグラの服用が有効

中高年の世代になってくると、妻との夜の生活の面で性欲が湧いてこないことや、様々なEDの症状が出る可能性があります。夜の性行為時に性的欲求が湧かないことや、勃起障害などの症状があるときには、早めに医療機関を受診することが大切です。精力剤や精力サプリなど、市販の様々な商品が販売されていますが、根本的な解決をしたいのであれば医療機関でED治療薬を処方してもらうことがおすすめです。
ED治療薬は海外で開発された医薬品で、バイアグラやシアリス、レビトラなどの種類があります。これらの治療薬は厚生労働省によって認可を受けているもので、一定の効果があるものと考えられます。日本で最も知名度が高いED治療薬はバイアグラで、クリニックでは25mgと50mgの2種類の処方が行われています。クリニックで購入するときには、1錠あたり25mgのもので1300円ほど、50mgのもので1500円ほどの価格が相場と言われています。これらの価格については自由診療に該当するために、クリニックごとによって自由に設定することができるために、事前にどの程度の価格で販売されているのか調べておくことがおすすめです。バイアグラにはジェネリック医薬品も存在しており、先発医薬品よりも価格が安くなります。
バイアグラに含まれているシルデナフィルは、人間の体内にある勃起を抑制させる酵素の働きを妨げる作用があります。勃起を抑制させる酵素の働きを阻害することで、ペニスの血管を広げることができますので、それによって勃起を促進させる効果が得られます。バイアグラの効果の持続時間は4~5時間となりますので、妻との夫婦生活を過ごす少し前に服用することが理想的です。