バイアグラの名前は男性ならばよく耳にすることがあるかもしれません。風邪薬などと違って、普段服用することのないものですから効果や副作用を詳しく知らない方が多いのではないでしょうか?こちらではバイアグラの解説をしたいと思います。

バイアグラの画像

2016年07月の記事一覧

バイエル社のレビトラやバイアグラのED改善メカニズム

ドイツのバイエル社のレビトラ

勃起がしにくくなる病気のことをEDというふうに呼んでいます。
一定の年齢に達してくることや、精神的な要因によって引き起こされることなど、様々な原因が考えられますが、EDになってしまうことで夜の生活を通常どおりに営むことが難しくなります。

EDの病気になってしまうことによって、性行為に自信を持てなくなったり、男としての尊厳を損なわれることも考えられます。
勃起障害などの病気を発症している疑いがあるときには、泌尿器科や内科、専門のED治療の病院に行くことで治療薬の処方を受けることができます。

ED治療薬の中で代表的な存在として知られているものがバイアグラで、病院で処方してもらえる医薬品となります。
バイアグラは媚薬として販売されていると思っている人もいるかもしれませんが、アメリカの製薬メーカーが開発したED治療の医薬品です。

バイアグラの次に開発されたものがドイツのバイエル社のレビトラとなっており、バイアグラと同様にED治療に有効な作用が得られます。
勃起は性的刺激を受けることで、脳から神経を経由して一酸化窒素が放出されて、ペニスの中でcGMP(環状グアノシンーリン酸)が増えることで、血管を拡張させます。

血管が広がることで、海綿体に血液が流れ込んで勃起することになります。cGMPがずっと放出されていると勃起が継続してしまうために、

性的興奮が収まったときにcGMPを破壊するPDE5という酵素が放出されて、海綿体の血管を収縮させて勃起が収まります。
加齢などが原因となって、PDE5の割合に対してcGMPの量が減少してしまうことがEDの原因と考えられており、バイアグラやレビトラなどのED治療薬を服用することで、PDE5の作用を抑制させることで、cGMPの量を増やして勃起を促進させることに繋げられます。

続きを読む

バイアグラの評判と睡眠の質は?

世界で初めての勃起不全治療薬バイアグラは睡眠に影響を与えるのでしょうか。使い心地の評判はどんなものでしょうか。
バイアグラの副作用で報告されているのは、顔のほてりや頭痛、目が充血する、鼻づまりを起こすなどの軽い風邪のような症状です。これらは基本的にバイアグラによって全身の血のめぐりがスムーズになりすぎることで起きます。心臓や血管系の病気を持っていると危険ですが、睡眠障害が起きる、眠りが浅くなるという副作用はありません。アメリカ食品衛生局(FDA)という、日本で言えば厚生労働省のような働きをしている国家機関がバイアグラの副作用を細かく公表していますが、睡眠関係の障害は一つも報告されていないのです。
実際にバイアグラを使った方の口コミや評判はどんな感じなのでしょうか。飲んでから30分~1時間くらいで効果が出たけれど、少し不自然な硬さになるいうのが本音のようです。第二、第三の勃起薬と飲み比べた方は、そちらの方が自然な感じに硬くなるとの感想を持っていました。しかし、その分、バイアグラはお値段が他の勃起薬よりも安いのが魅力です。2014年には開発から20年が経過したことで、お薬の特許が切れてジェネリック品も製造されるようになりました。ジェネリックのバイアグラも10個以上あって、それぞれ評判が違うようです。しかしそれらも睡眠障害を引き起こす、不眠になる、過眠症になるという副作用はないので、安心して使用できます。繰り返しますがバイアグラを飲んでも睡眠の質は普段と変わりません。眠る前に軽い運動をしたり、湯船に浸かって体を温めておくと、よりよい睡眠を取れます。睡眠中や目覚め時の生理的な勃起も普段通りに起こります。

続きを読む